美容師が教える「美容室へ行く前に知っておくと良いこと」

最初のシャンプーを省く

シャンプーを済ませて、髪の毛にスタイリング剤を付けずに行くと30分は時間を短縮できる
洗って、乾かす時間だけで30分、髪の多い人だと40分は時間を取られてしまいます
できるだけ早く終わらせたい場合はすぐカラーができる状態で行くと良いでしょう

逆にカットだけの方は帽子を被ったり結んで行くより普段の感じを見てもらってからカットしてもらう方がイメージしてもらいやすいので良いと思います

ウェブ予約がダメでも電話してみる

混んでいても電話予約だと意外と取れる
ウェブ予約が普及してきて簡単に予約が取れるようになってきました
その分、お店側もダブルブッキングなど無いように安全圏で予約管理をしていることがあり、時間によっては早めに予約を切っている場合があります
いっぱいの場合もありますが、若干余裕を残している可能性もあるということです

早めに予約を取れればウェブ予約で問題ないと思いますが、もしギリギリで予約を取りたい時があったらウェブ予約が埋まっていても一度電話してみることをお薦めします
常連さんならなおさら融通を利かせてくれるはずです

シャンプーはリラックス!

シャンプーの時は自分で頭を上げない
これは未だに結構います
上げた方が良いと何かに書いてあったらしいのですが、美容師側からすると自分で上げられると洗いにくいというのが正直なところです
思いかもしれないと気にを使わず、力を抜いてゆっくりリラックスして頂いて大丈夫です
頑張ってやっている事が逆効果ってけっこう悲しいので

飲み物は好きなものを持って行くほうがいい

これは意外と知られていない事なのですが、法律上、美容室での飲食の提供は原則として禁止されています(動物なども本来禁止です)
ウォーターサーバーのお水をセルフで飲んで頂くことや開封していないビン、カンなどを提供することは可能ですが、スタッフがいれたお茶やコーヒー、作った飲み物などは衛生面を考えてNGなのです
特に大型店になればなるほど、こういったルールには厳しくなるので飲み物が出てこないのが当たり前だとご理解ください
出してくれたらありがたいくらいなので、飲み物は持参すると安心でしょう
他にも眉カラーなども原則禁止なので、やってもらっている人は内緒にして置いてくださいね

事前に伝えておくこと

初めてのお店に行った時には、次のことをやっていたら必ず伝えておいてください
・縮毛矯正
・デジタルパーマ
・黒染め
・ブリーチ
短い人は1〜2年前までの期間、長い人であれば3〜4年の期間でやってあれば必ず伝えて下さい
美容師さんが知らずに施術するととんでもない仕上がりになる可能性があります

着ていく服にご注意を

何もなければ、襟の高い服やフードの付いた服は控えた方が良いでしょう
施術もしにくいですし、服が汚れてしまう可能性が高くなります

まとめ

美容師さんや美容室側からみた目線を知っておくともっと良い付き合い方ができるかもしれませんね。

いい関係ができている方はすでに知っているような事かもしれませんが、意外と知って実践してみると良いと思うことを美容師目線で書いてみました

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク