髪を綺麗に保つための基礎作りに大切な3つのこと

ほとんどの人が毎日必ず使うもの

少しの違いが365日積み重なると大きな差になってきます

綺麗な基礎を作っていくためにはこの3つを見直していくことがまずは大切

シャンプー

まだ市販のシャンプーを平気で使っている人が多いですが、本当に髪に悪いので良いシャンプーを使って欲しいです

シリコンやポリマーなどのコーティング剤や台所洗剤のような洗浄主成分など、こういったシャンプーは使えば使うほど髪が傷みます

詳しい事は以前書いたのでそちらをお読みください

担当美容師さんも意外と教えてくれない髪の事「ノンシリコンシャンプーの本当のところ」
最近、ノンシリコンシャンプーという物がたくさん出てきましたね これは我々美容師がずっと言い続けてきたものが皆さんが意識してくださった結...
担当美容師さんも意外と教えてくれない髪の事「シャンプーの話その2」
シリコンという言葉もみなさんの生活にだいぶ浸透してきたように思います。 さらに注目されてるのが洗浄成分。 これが良くないからシリ...
担当美容師さんも意外と教えてくれない髪の事「アホ毛とシャンプーの関係性」
アホ毛とシャンプーの関連 これはあくまでも美容師の私としての一意見です。 現場で感じることは最近アホ毛ができる人が多い事です。 そ...

ドライヤー

次に濡れた髪を乾かすドライヤー

最近は様々なドライヤーが出ています

従来の髪を乾かすという道具から髪を良くする、修復するといったモノが出てきています

毎日使うものだからこそ、この差はかなり大きいと思います

使えば使うほど髪が良くなるといわれているドライヤーの代表はこの3つ

1つめは、以前私も紹介したヘアビューザー

ファイル 2016-09-01 13 12 12

美容師が実際使ってみてどうなのかを書いてみる【ヘアビューザー&ヘアビューロン】

2つめはPanasonicのナノケア

そして3つめは復元ドライヤー

乾かすだけの機械という考えはもう古い

ドライヤーも進化しまくってます

そして最後はお水

これも必ず使うもの

今まで私もそこまで重要視していませんでしたが、ここ最近の調査と臨床実験でかなり違いが出てくることが分かりました

日本の水道水は安全のために消毒殺菌がしっかり行われています

そのため、海外のようにお腹を下したり、病気になったりしない安全な水になっています

しかしそれによって副作用が発生するわけです

以前にも書きましたが、それは塩素やカルキです

美容師が実際使ってみてどうなのかを書いてみる【東レ トレビーノ 浄水シャワー トレシャワーRS51】

殺菌すると言うことは菌のタンパク構造を壊して死滅させることなのです

ということはタンパク質でできている人間の肌や髪もその水を浴びることによってタンパク構造が壊されてしまうのです

髪でいえば、キューティクルが壊れて髪自体に艶や潤いが無くなっていくのです

肌の弱い人は荒れたり、できものもできやすくなるでしょう

髪に悪いことをしていないのに髪がざらざらしている人はこれを疑ってみてください

まとめ

こ3つ以外は二次的なものがほとんど

オイルやクリーム、ワックスなどのセット剤はあくまでもセット剤、髪に付けたら毎日しっかり洗い落としてリセットしてあげる

洗い流さないトリートメントも同じく髪を良くするものではなく、一時的に潤いがあるように見せるセット剤だと考えた方が良いでしょう

シャンプーを変なモノ使って、洗い流さないトリートメントにお金おかけている人を見ると本末転倒だなぁと思ってしまいます

安易なものに無駄なお金はかけないようにしましょう

お化粧と一緒でお肌の状態を良くしておくことがどれだけ大切かお分かりかと思います

ぜひ、基礎髪を綺麗に保つことをお薦めします

girl-333858_960_720

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク